カジノのカードゲームで儲ける

ブラックジャックとは何か

オンラインカジノにおいて人気の高いゲームが「ブラックジャック」です。
ブラックジャックは、トランプを使ったカードゲームです。
ディーラーとのマンツーマンの勝負であり、テーブルに人がいても基本的には自分と相手との対戦なので、非常に熱いバトルが楽しめるのです。

ブラックジャックは運次第のゲームとは違い、戦略的に勝ち進むことが可能なゲームです。
スキルがものをいうゲームで、プロフェッショナルプレイヤーも存在するほどです。
スキルや技術が生かしやすく頭脳戦で勝つことが可能ですので、リピートして遊ぶ方は多いといわれています。

また、ブラックジャックはペイアウト率が高いゲームであり、ハウスエッジが低いことから、勝利しやすいゲームです。
プレイヤーが有利なゲームといわれていて、戦略次第では安定して勝つことも可能です。

ゲームのルールとは?

オンラインカジノのゲームのルールですが、カードの合計値を21に近づけた方が勝ちということになり、合計値が21になるよう目指す必要になります。
2枚のカードが配られて、それぞれが21を目指すのですが、21を超えてしまえばバーストといって負けになってしまいます。

また、ディーラーとプレイヤーはそれぞれが2枚ずつ引くことが出来ますが、プレイヤーは自分の判断で3枚目を引くことが出来ます。
これは「ヒット」といいます。もしも引かない場合は、「スタンド」といって2枚で勝負することも可能です。

一方でディーラーには選択肢はなく、17の数に至るまでカードを引くことが出来ますが、それ以上引くことは出来ません。
プレイヤーが3枚目を引くことによって勝利できるかどうかが決まるので、相手のカードを予測しつつ上手く21にする事が大切です。

トランプの数え方について

トランプは、Aは1もしくは11のどちらでもプレイヤーが好きな方で数えることが出来ます。
ジョーカー的な役割を果たしています。

2から10までのカードはそのままの数字で勝負することになり、絵柄は全て10になります。
これをみると分かりますが、ブラックジャックでは10が大変出やすくなっています。

そのほかのカード

このように、ブラックジャックではアクションを起こすのがプレイヤーだけですが、そのほかにもカードがあります。
たとえば、「ダブル・ダウン」の場合、追加でベットすることが出来て、さらに1枚引くことができます。
また、「スプリット」は最初のカードが同じだったときに、2枚に分けることが出来ます。

だれでも簡単!楽しめるバカラ

カジノゲームのなかでも、大変な人気を博しているのが「バカラ」です。
カジノの王様と称されており、世界中のギャンブラーがプレイを楽しんでいます。

バカラの基本ルールについて

バカラに難しいルールは存在しません
カードゲームですが、ゲーム参加者が直接カードを判断する必要がないのです。
「プレイヤー役」と「バンカー役」が勝負をしますから、勝者を予測すればよいことになります。

カードゲーム自体の内容は、配られるカード合計が「9」に近いほうが勝者となるものです。
シンプルなルールですから、ギャンブル初心者も安心して楽しめます。

バカラの配当について

プレイヤー役を勝者と予想して的中させた場合には、賭け金の100%を受け取れます。
バンカー役を予想して的中させた場合は、95%です。

これは、少しだけバンカー役が有利だからです。
この点はうまく考えられている点であり、5%分がカジノ運営側の取り分と考えてください。
それから「引き分け」を予想した場合については、賭け金の8倍を受け取れます。
大変大きな配当ですが、出現する確率は低いので期待しないほうがよいでしょう。

バカラ攻略法

テーブルゲームに有効とされているのがベッティングシステムです。
マネー・マネジメントに直結しており、資金をしっかりと管理しながらギャンブルを楽しむ手法です。
戦略に則って「賭け」をおこないますから、大きく負け越しにくくなります。

さまざまな手法が考案されていますが、特にバカラ向きとされるものを紹介しましょう。
パーレー法が有効であり、少ない資金で勝負できます。
具体的には、勝ったら倍賭けする手法です。別名逆マーチンゲール法とよばれており、連勝すれば短時間に大金をゲットできます。
もちろん1回の負けで勝ち分を失ってしまいますが、資金のすべてを失うわけではありません。
あくまで連勝分のみ失うわけですから、それほど落ち込まなくてもよいのです。勝負の波を見極めれば、バカラで連勝は難しくありません。
連勝数をいくらにするかが重要です。
4連勝したら最初から始めるなどのオリジナル・ルールを設定してみてはいかがでしょうか。
ご自分でベッティングシステムをアレンジすれば、よりゲームを楽しめます。

 
デック数とハウスエッジの関係性

デックとは一組のトランプです。
デック数が増えれば、残りカードの偏りが生じにくくなります。
デック数が増加することで、ハウスエッジは若干の増加となるのです。

ゲーム参加者にとっては、なるべくデック数の少ないテーブルを選び、バンカー役に賭けることが有利となります。
この点をしっかりと理解しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です