月別アーカイブ: 2019年3月

オンラインカジノを始める際の手続き

オンラインカジノの始め方

オンラインカジノの始め方はさほど難しくはありません。
所定の流れに沿って手続きを進めれば、すぐに遊び始めることができます。
ただし、無料プレイではすぐに遊べますが、本格的にプレイをするとなると払い戻しのことまで流れを把握しておく必要があります。

そこで、オンラインカジノの登録から、入金、払い戻しまでの流れをご紹介したいと思います。

まずはオンラインカジノ選びから

まずはこれから遊ぶオンラインカジノを選びます。
オンラインカジノと一言でいっても、実は海外には数多くのオンラインカジノがあります。

各カジノは特色やサービス、そしてそれぞれゲーム性なども大きく異なります。
中には悪質なカジノもありますので、最初にしっかり選定する必要があります。

カジノ選びをするには、日本語対応サイトで優良なオンラインカジノと紹介されているところがおすすめです。

カジノソフトをダウンロードしてインストール

遊びたいオンラインカジノが決定したなら、オンラインカジノのサイトからソフトウェアをダウンロードしてインストールします。
ソフトはメールアドレスの登録などで無料でダウンロードすることが出来るようになっています。
ただしほとんどのカジノはWindows専用でMACに対応をしていませんので、気をつけましょう。

しかし最近はブラウザ動作のカジノも増えてきており、それらは登録だけですぐにブラウザ上でプレイできます。
ブラウザ動作カジノは「MAC」「スマートフォン」といったデバイスでも遊べるのが便利ですし、さらには容量を気にすることなく、すぐに遊ぶことが出来るというメリットがあります。

ユーザ登録をすること

ソフトウェアを立ち上げることができたら、次にユーザ登録画面にてユーザ登録を行います。
大抵のカジノは「無料プレイ」「有料プレイ」が存在していて、「有料プレイ」の方はカジノ上でお金を管理するということもあり、無料プレイに比べてしっかりと個人情報を登録する必要性があります。
しかし、登録自体はとても簡単で、数分で済みます。

カジノ登録方法は各カジノ別に違いますが、氏名や住所、生年月日やメールアドレス等を入力します。
この際に気をつけておきたいのが、これらの登録をする情報はローマ字で入力するということです。
プレイヤーの中には、ローマ字に慣れていないので、入力ミスをしてしまい、支払いの際に払い戻しができないこともあります。
場合によってはアカウント凍結などのリスクもありますので、正確に入力するようにしましょう。

そして、この際も虚偽の情報をけして入力しないことです。
正確にローマ字などのスペルも確認しながら、慎重に入力していくようにしましょう。

入金を行う

お金を賭ける「有料プレイ」を行う場合には、オンラインカジノへの賭け金の入金が必要です。
賭けないで遊ぶ場合は入金しないでもプレイをすることができますが、せっかくのオンラインカジノですので、入金することをおすすめします。

入金方法には「クレジットカード」あるいは「電子決済サービス」、「電信送金」などを使用します。
現状、クレジットカードで入金できるカジノは限られていますので、多くは電子決済サービスである「エコペイズ」などを使用することになります。
ウェブ上の金融機関として最も有名であり、多くのオンラインカジノで推奨されていますので、オンラインカジノを始めるなら、アカウントの開設をしておくことをおすすめします。

そして、対応している入金方法は各カジノによって異なります。
実際に各カジノに登録するとマニュアルも掲載されていますので、難しくはありません。

ボーナスを受け取る

オンランカジノには「ボーナス」というシステムがあります。
これを受け取ることで、お得に遊ぶことができます。
ただしボーナスには条件が設定されていて、プレイできないゲームができたりするので、その点に注意が必要です。

そして、ボーナスについては自ら申請をしなければいけないケースもあります。
この場合は、申請ページなどから申請をしたり、またはメールで申請をするという形で申請をします。
この辺もオンラインカジノへ登録をした時に送られてくるメールに詳しく書いてありますので、よく読んで受け取るかどうか判断して申請をすることをおすすめします。

オンラインカジノからの払い戻しについて

オンラインカジノからの払い戻しについてですが、いくつかの手段があります。
まずは一般的な方法として、電子決済サービスがあります。
これはエコペイズなどの決済サービスであり、多くのカジノで対応をしていて、推奨されています。

また、銀行送金という方法もあります。
これは、銀行へ直接振り込みをしてもらうことができます。
また、小切手で受け取るという方法もありますが、発行までに時間が非常にかかりますし、手数料も高額なので、電子決済サービスをおすすめします。